伊勢・出雲詣で

ilm23_ea03008-s

諸外国と違い、日本人は特別な新興宗教を持たない、珍しい人種とも言われています。 しかし「困った時の神頼み」とも言うように、 何かあった時、神様にお願いごとに行ったりします。

困った時以外にも、人生に節目、受験とか、お宮参りとか、結婚式とか、そうそう、お正月も。 手を合わせて祈る機会は、日本人にだってありました。 でも、ここ数年、パワースポットブームというのが起きています。 何もなくても、観光等で、パワーをもらいに行く。 それが、2013年には、もっとブームになるかも?と言うのです。

「日経トレンディ」2013年ヒット予測ランキング。 第20位は、伊勢・出雲詣で、とありましたよ。 伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社で、 出雲大社(いずもたいしゃ)は、島根県出雲市にある神社です。 伊勢・出雲詣でがランクインし、パワースポットブームがさらに過熱。 その理由は、遷宮にあります。 遷宮は「せんぐう」と読みます。

神社の本殿の造営や修理をし、その際に神体を新宮等に遷(うつ)す行事を指します。 他にも、御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)と呼ばれる、いわゆる神様の衣服、正殿の装飾や器物等も新しくしたりします。 10年ぐらい前から、改築が行われています。 改築が完了した後に、神体を新宮に移動させたり、新しい装飾を飾ったりします。

これが「本殿遷座祭」と呼ばれている行事で、2013年に行われるのです。 ちなみに、伊勢神宮の場合は、1300年前から、20年に一度行われていて、 出雲大社では、何年おきにというよりも、だいたい60?70年毎に行われているそうです。 同時開催というのではなく、それぞれの神社の周期があり、太古の昔から行われてきた行事です。

出雲大社の場合、一定周期ではないため、同じ年に開催されるというのは、なかなかないとか。 今回も、60年ぶりの事なのだそうです。 同じ年に行われる、神聖な行事。 しかも、日本を代表するパワースポットで。 一度は行ってみたい、素敵な場所ですよね。 観光に、パワーをもらいに、行事を目の前で見てみたい等。

伊勢・出雲詣で&遷宮。 めったに見られない行事だからこそ、是非訪れてみてはいかがでしょう?