「アベノミックス」の言葉の意味は「安倍」+「エコノミクス」を掛け合わせて作られた

「アベノミックス」の言葉の意味は「安倍」+「エコノミクス」を掛け合わせて作られた言葉ですが現在この言葉の知名度は日本国内ではかなり高く支持されています。

では「アベノミックス」とはどのよなものなのかですが、自民党総裁である安倍晋三が大不況から日本経済を脱出させるために打ちあげた経済政策です。

「アベノミックス」には軸となる3本の矢がありそれは「金融政策、財政政策、成長戦略」とわかりやすく明確に打ち立て日本国民に安部政権の力強さ、リーダーシップをアピールし指示されています。

そのだい一歩が円安傾向、株価の上昇の流れになりはじめその結果2013年2月6日(水曜日)には「アベノミックス」の期待感からリーマンショック以前の日経平均の数値に達しました。こうして安部政権が打ちだした経済政策「アベノミックス」は国民の期待を背負ってスタートしました。

そして安部政権のかかげた「アベノミックス」の経済政策である3本の矢である「金融政策、財政政策、成長戦略」について具体的な政策内容はどうなっているのかをわかりやすくみていきましょう。

1、金融政策とはインフレ目標を2%上昇させると日本銀行にはっきりした数字目標を国民に明示させデフレスパイラルからの脱却に挑み、円安政策などの大胆な金融緩和を実行させることで世の中にお金が循環させるのを目指す。

2、財政政策とは20兆円規模の大型の補正予算のなかに公共事業の予算5兆円を組込み入れ財政資金を公共事業に投入することで多くの仕事を生み出すことができその結果雇用者を増やすことになり景気のステップアップを目指す。

3、成長戦略とは民間企業が成長し経済を復活していただくため民間企業の設備投資をしやすくし、新たな雇用を生み出すためにも新規成長分野を確立させることが必見ですが現在具体的な政策は出されていないのが現状です。そのためにも規制緩和が必要となります。そうすることで新たな産業が発展しやすくなります。また注目、期待されてている分野などは意外にあるはずです。

gf1120210832

「金融政策、財政政策、成長戦略」がうまく動き始め景気の兆しが見えてくれば、企業も守り側から攻め側にまわりお金を使う気持ちに傾き、少し時間がかかるかもしれませんが結果的に働く人たちの賃金が上昇し国民生活の中に根付いてしまった不安がなくなるためモノを消費しようという気持ちが湧き出てくるようになります。

またそうなれば日本国民のお金の循環はよくなり景気が上昇するというわけです。景気は気のものともいいます。日本国民の景気上昇の期待感はとても大切だと思います。

しかし、安部政権の経済政策「アベノミックス」にはメリットばかりではなく当然デメリットもあり手放しで支持している人ばかりではなく批判している専門家もいます。現在そのために厳しい立場に立たされている人たちも少なくありません。

例えば、円安やインフレが上昇しすぎると輸出側は良いのですが輸入側は当然海外から仕入れている材料などは価格が高騰し、その材料で作られて販売されたモノの値段が当然上昇し国民に跳ね返ってきます。また、インフレが進めば金利が上昇しお金を借りる人の負担は増えます。

その例として住宅ローンの金利が上昇します。だから最終的に家計の財政に対して負担がかさみ生活が厳しくなります。その時、安部政権の経済政策「アベノミックス」の3本の矢のどれもが成功すればいいのですが、1本でも折れることがあればお金は循環しなくなり現状よりも悪い状況に陥り、日本は借金だけが残ってしまい大変な状況に陥ってしまいます。

だからこそ安部政権の経済政策「アベノミックス」を成功させ景気を上向きにし、日本国民が元気になり子供たちが夢、希望のもてる活気のある日本を取り戻してほしいと思います。あなたは安部政権の経済政策「アベノミックス」を支持しますか。