マイクロEV

「日経トレンディ」が毎年発表している、ヒットランキング。
2013年のヒット予測ランキングは、18位はマイクロEVです。

マイクロEVとは、第4の車、超小型車とも言われているもので、
ひとり、あるいは二人乗りの小さなタイプ。
ひとり乗りって、ようするに、運転する人だけが乗るということになりますよね。

ひとり乗りというと、原付バイク等がありますが、
マイクロEVの場合、車ですから、バイクに屋根を付け、タイヤを4つにしたもの。

バイクに比べたら、雨の日も濡れず、寒い日も快適。
タイヤが4つあるので、転倒の心配もありませんよね。

一時期、自家用車が大型のものが好まれる傾向がありました。
家族全員を乗せ、さらに子供用の自転車とか、アウトドアグッズなども収納。

さらにセカンドカーとして、二台目に軽自動車を買う方も増えていきました。
ママのお買い物にも重宝していました。

不況になり、メインの車が軽自動車へと、シフトも。
ただ、エコカー減税の影響、さらにはハイブリット車の登場で、
一時期低迷していた車業界も、ちょっと活気が戻ってきました。

平成生まれのお子さんが、免許取得&車を買える時代を迎えましたが、
生まれたときから不況&節約だったためか、それが染みついているのか、
車が欲しいという若者が減っているのだそうです。

免許を取っても、自宅にあるセカンドカー、お母さんが普段乗っているのを借りる
というお話も多いそうですよ。

車は便利だけど、こういう機能がついているというよりも、
ちょっとそこまで買い物に行くのに、徒歩や自転車よりも便利
ということで使いたい。
そう思う人も増えているのでしょうか。

また、高齢化になり、大きい車だと運転技術に不安がある。
でも、足腰は弱ってきたので、運転はやめたくない。
そんなお年寄りにも、使い勝手がよさそうです。

以上のような時代背景を踏まえると、
マイクロEVのような、超小型車、実用化し、爆発的な人気になるかも?しれませんね。