ハイテクガンプラ

最近、プラモデル離れが進んでいた
ようです。
過去形なのは、また復活しつつあるとか。

日経トレンディ12月号 ヒット予測ランキング2012。
14位にランクインしたのは、ハイテクガンプラ です。

ハイテク?
ガンプラ?

少子化でおもちゃが売れなくなっている時代において、
ベーゴマ→ベイブレード
ヨーヨー→ハイパーヨーヨー
等と、進化したおもちゃが開発され、爆発的な人気になりました。
それが、ハイテク玩具と呼ばれているようです。

また「ダンボール戦機」
というプラモデルが人気になっているそうです。
もともとはPSPのソフトでしたが、
小学生の人気雑誌「コロコロコミック」でコミックが連載されたり、
テレビアニメ化されたり、プラモデルが出来たりしていったのだとか。
近未来に登場する「強化ダンボール」
それで作った小さな戦士。それが「ダンボール戦機」なのだとか。

ガンプラとは、ガンダムのプラモデルのこと。
ガンダムは、30年以上前に放送開始された、ロボットアニメ。
徐々に人気が沸騰し、子供より20歳前後の男性が夢中になりました。
機動戦士ガンダム以降、色々なシリーズが登場し、
今人気なのは「機動戦士ガンダムAGE」なのだとか。

ガンダム世代がお父さんになり、お子さんと一緒に楽しんでいるのが、
最近のガンプラの特徴みたいですよ。
さらに「ハイテク」なことがありました。
それは、プラモデルにカードやICチップがついているんです。

ゲームセンターやおもちゃ屋さん、家電店などの一角に、
子供用のゲーム機がありますよね。
「ゲイジングバトルベース」という専用ゲーム機があり、
そこにICチップ付きのプラモデルを設置したり、
付属のカードを入れてます。
そうすると、ポイントがアップしたり、従来のゲームよりもより楽しく遊べるのだとか。
かつては、ポケモン、ムシキング等のゲームもありました。

ガンダム世代のお父さんを取り込むことで、
子供たちがプラモデルに戻ってくるのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。