“ゲーム”フィットネスジム

2011年に売れた本ランキングのベストテン。
第一位は「謎解きはディナーのあとで」でしたが、
他は、時代を反映してか、啓発本。
そして、ダイエットやフィットネスに関する本がずらり。
1000円前後という手ごろな値段で、自宅で気軽にエクササイズできることで、大人気になっています。

楽してダイエット&体力づくりといえば、
トーニングシューズもヒットしました。
この靴を履いてお散歩や買い物するだけで、トレーニング効果があるというもの。

しかし、勉強もエクササイズも、独学自己流って、効果もあいまい。
本格的な体力づくりには、ジムに通うのもいいようですよ。
2012年は、新しいエクササイズジムが流行りそうな予感です。

日経トレンディ12月号 ヒット予測ランキング2012。
17位は、 ”ゲーム”フィットネスジム です。

家庭のテレビの前でDVDを見ながらのダンスよりも、
効果的にダイエットが期待できます。
が、反面費用がかかるのと、定期的に通わないとだめですよね。

行くのがおっくうになってしまう。
そんな人たちのために、新しいエクササイズ等も取り入れられたりしています。

たとえば ”ゲーム”フィットネスジム。
いわゆる、体感型ゲームなのだとか。
アーケードゲームの、大型版。
自分の体を動かし、楽しみながらゲーム感覚のフィットネス。
人の動きをセンサーが読み取り、映像になるものなのだそうですよ。

コントローラーではなく、自分自身がゲームの中に入り込むような感覚です。
自宅の居間と違って、ジムのフロア全体を使って動きます。

飛んできたボールを足でける、
ジムの床に数字が表示され、それを踏む
等の全身運動が出来るんです。
バランス感覚、消費カロリーなどが計測され、最終結果が採点されたりもするとか。

“ゲーム”フィットネスジム。
今後、さらに色々なゲームが出来れば、
もっともっと幅広い世代を取り込むことが出来るかも?
と期待されているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。