クラウドデジカメ

2012年になると、スマホを持つ人が半数以上になる
そんな予想もあるようです。
なぜスマホが人気なのか。
それは、これ一つあると、色々なことが出来るから。

音楽プレイヤー、ケータイ電話、デジタルカメラ、あるいはパソコンも?
全部もちあるくと、とってもカバンが重くなってしまいますよね。
それが、スマホ一台で済んでしまうんです。
ケータイを使うようになって、時計を持つ人が減ったという話もありますが。

便利な何かが登場すると、従来品が売れなくなってしまう。
そんな時代に対応しようと、デジカメ業界の巻き返しが始まりそうです。
それが、クラウドデジカメです。

日経トレンディ12月号 ヒット予測ランキング2012。
クラウドデジカメも、13位にランクインしていますよ。

クラウドデジカメとは?
まず、デジカメが無線化されるのだそうです。
難しい操作が必要なのでしょうか?
いえいえ。
SDHCカードをカメラにさすだけ。
それだけで、カメラが無線化されるんです。

SDHCカードとは、無線LANに対応しているSDカード。
もちろん、対応のデジカメを買う必要もあるんですが。
対応機種同士なら、無線で写真を交換できる
ということも出来そうです。

スマホを持っている人なら「わざわざ必要ないかも」
そう思うかもしれません。
でも逆の発想。スマホまでの機能は必要ないけど、写真をもっと便利に使いたい。
写真をネット上で、気軽に手軽に保管、あるいは他の人と共有したりも出来ます。
これが、クラウド。
仕事や趣味で使う人も増えたクラウド。
これからは、お子さんやお孫さんの写真、趣味のもの等、
色々な「写真」を通じた使い方が出来るかも。
フェイスブックの「タイムラン」機能、
セブンイレブンの店舗から、写真を送ることが出来る
など、幅広く広がりそうな予感です。

クラウドデジカメって、
パソコンやスマホを持っていない、不慣れな方にもいいサービスなのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。