金環日食ビジネス

2011年、古川宇宙飛行士によって、日本人の宇宙滞在機関がさらに伸びました。
以前の記録は、若田宇宙飛行士。
若田さんは、日本で一番宇宙に行った人でもあるのですが、
また宇宙に旅立つそうです。

少し前には、ハヤブサの帰還にも感動したものです。
さらに、2012年5月には、金環日食が見らえるそうです。

日経トレンディ12月号 ヒット予測ランキング2012。
20位は、金環日食ビジネス です。

少し前には、2009年7月22日には皆既日食があり、
テレビでも中継されたりと、話題になりましたよね。

今回は、金環日食。
太陽の前を月が横切るのが、日食です。
太陽がドーナツのようになり、薄暗くなるのだとか。
前回の皆既日食のときのように、コロナやリングのようなものは見えないみたいですが、ちなみに、日本で見られる金環日食は25年ぶりで、次は18年後とのこと。
とっても珍しいことなんですね。

少しでも見える場所に行こうと、旅行プランを立てる人も。
旅行会社にとっても「金環日食」のビジネスチャンスがあるみたい。
だから、金環日食ビジネスと呼ぶんですね。

旅行に行かなくても、自分の身近で観測出来たりもします。
2009年の日食でも、日食グラスが沢山売れたのだとか。
2012年の場合は、首都圏などでも観測されるそうです。
東京、静岡、名古屋、大阪、高知、鹿児島
あたりで見られるそうですよ。
天気が良ければの話ですが、観測できるのは「8000万人になるかも?」
との予想もあるようです。

特に、東京&大阪あたりで見られるとしたら、
テレビ局も生中継したりもしそうですよね。

金環日食ビジネス
ビジネスというと、ちょっと現実的な感じがしますが、
金環日食を通じて、家族で日食について話してみるとか、
たまには空を眺め、空のこと、地球のこと、宇宙のことを考えてみる。
そんな機会があるのも、いいのではないでしょうか?
楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。