多様生物コスメ【2011ヒット予測ランキング7位】

アンチエイジング。女性の願いですよね。
老化を防止し、永遠の美を手に入れたい。少しでも若く見られたい。
女性なら、そう思うのではないでしょうか?

そんな女性の気持ちに応えるべく、化粧品会社も様々な商品を開発してきました。
エコブームもあり、自然で天然素材をうたったものも多く販売されています。

植物や動物のエキスが入った化粧品も、色々あるみたいですね。
特に最近では、動物エキスが入った化粧品、いわゆる多様生物コスメが流行っているようですよ。

多様生物コスメの筆頭として、テレビなどでも話題になっているのがあります。
それは、カタツムリです。

渦巻状の殻に入ったカタツムリ。ヌメヌメした液を放ちながら、ゆっくり進んで行く。
カタツムリの通ったあとは、あのヌメヌメが残ります。
想像しただけでも「うっ」となる方もいるでしょう。

ですが、あのヌメヌメこそ、多様生物コスメに使われているエキスなのです。
カタツムリを食べる地域では、殻が残ります。

偶然キズがある部分につけたところ、そこからキズが治ったそうです。なので、殻は傷薬として珍重されてもいるそうですよ。
肌を再生する力が、どうやらカタツムリにあるそうです。

コンドロイチン、ヒアルロン酸と言ったような、加齢するにつれ体内で作れないもの。
これらがカタツムリのネバネバの中に多く含まれているのだとか。
保湿等に期待がもて、アンチエイジング以外にも、たとえば妊娠線にも効くそうです。

カタツムリ以外にも、多様性生物コスメが開発されています。
食べても美味しく栄養価もあるものがそうです。たとえば、ナマコ、キャビア等。
韓国の有名化粧品メーカーでは、様々な商品を研究開発しているそうですよ。

ただ、日本に上陸する時には、そのままの状態ではないことは確か。
上手に取り入れて、アンチエイジング効果を自分の肌で確認してみるのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。