リーフ&コンバージョンEV【2011ヒット予測ランキング8位】

エコカー減税が終わると、車は売れなくなってしまうのでしょうか?
いえいえ、次世代型の車も、まだまだ開発されています。

資源が乏しいけど、車社会の日本。
電気自動車の開発、更に進化しているのです。

それが、リーフ&コンバージョンEV。

ハイブリッドがあるじゃない?
ハイブリッドカーは、ガソリンとの併用型ですよね。
全くガソリンを使わないでも走る車の時代が、すぐそこに来ています。

政府の補助金や減税がなくなっても、車はまだまだ売れるのです。
それが、2010年末に発売のリーフ。日産には、沢山の注文や問い合わせがきているそうですよ。

「おばあちゃん、ちょっと借りるね。」「うん。充電済んでるよ。」
というテレビCMは、ちょっと斬新。

自宅の玄関内に、車がおいてあるのです。
車庫ではなく、玄関に。自宅のコンセントから充電器を引き抜き、車で出かける女優さん。

えー、自宅のコンセントで充電して、ブレーカー落ちないの?
まだちょっと価格は高く、充電時間も長いようですけど。一般家庭にもそんな時代がくる予感と期待もさせてくれますよね。

もう一つ。コンバージョンEVも、これから出てくるようです。
要するに、今までのガソリン車、電気自動車対応に改造するというものです。

改造費用は、100万から150万ぐらいとか。
今現在の日産リーフのお値段が300万円ぐらいといわれていますから、それに比べたら安いですよね。

ガソリンを使わずに済むので、改造後の維持費を考えたら、将来的にお財布に優しそう。

電気自動車。バッテリー充電には8時間ほどかかるそうです。
充電時間の短縮、燃費、電気自動車用のガソリン?スタンド等を多く設置する等。

改善点が解消されれば、未来型の車リーフ&コンバージョンEV、楽しみが膨らみそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。