上海万博 総まとめ


Photo by 凌智(LingZhi)-Suzuki-

上海万博は、2010年5月1日~10月31日の半年間、中国・上海で開催される国際博覧会です。

国際博覧会とは、国際博覧会条約(BIE条約)に基づき開かれる、複数国参加の博覧会のこと。

万国博覧会(ばんこくはくらんかい)とも呼ばれ、略して国際博、万国博、万博(ばんぱく)などと呼ばれることもあります。

国際博覧会は、1851年にロンドンで第一回が開催され、その後60を越える博覧会が世界各地で開催されてきました。

今回の2010年上海国際博覧会(EXPO 2010 Shanghai, China)は、これまで最大だった1970年大阪万博の6,400万人を大きく上回る 7,000万人の入場者が見込まれる史上最大の万博です。

開催地の上海市都心部、南浦大橋から盧浦大橋までの黄浦江両岸地区328haという広大な敷地は、2005年に日本で行われた愛・地球博の約2倍の広さ。

より良い都市、より良い生活(Better City, Better Life)をテーマに、5つのゾーンに分かれ、万博史上最大規模のパビリオン・イベントが予定されています。

万博といえばロゴマークがつき物ですが、上海万博のロゴマークは中国語で万博を意味する世博の「世」と「2010」の文字をベースに、3人が肩を組んでいる様子がデザインされたもの。

「世」の部分の3人は家族を表すのと同時に「あなた、私、他者」という全人類の象徴で、「理解、疎通、楽しい集い、協力」という万博の理念を表現しています。

メインカラーの緑色は、生命活力を持ち、向上、発展、明快な動感と風格を加え、中国人民が将来に向かって、可持続的発展の創造の心を求めることを表しているとか。

シンボルマークは上海万博事務局が開催したコンペで応募数9,046件から選ばれた江蘇省出身の邵宏庚氏の作品です。

上海万博のアクセス&ガイド

上海は、揚子江河口に位置する中国有数の大都市。
日本では横浜市、大阪府、大阪市などと姉妹都市の協定を結んでいます。

上海市には、約48,000人の日本人が滞在していて、長期滞在している日本人の数(永住者を除く)は、ニューヨークを抜いて世界一。

日系企業も約4,500社が進出しており、上海は世界中で最も日本とゆかりの深い都市の一つです。日本からのアクセスにも恵まれており、成田空港から上海浦東空港へは約3時間、羽田空港から上海虹橋空港へは約2時間で到着。
他にも関西空港、中部国際空港など日本全国の空港から直行便が運行されています。

上海万博は、全世界から7000万人の来場者が予定されている史上最大級のイベント。
半年間という長期にわたって行われる一大イベントですので、今まで中国を訪れたことのない方は、是非この機会に上海を訪れてみてはいかがでしょうか?

上海市内から万博会場までのアクセスですが、来場者は、地下鉄、バス、フェリーなど数種類の交通機関を使って会場に行く事ができます。

上海万博会場には地下鉄ゲート1か所、地上ゲート8か所のほか、フェリーで来場する人のために会場外に4か所、会場内に3か所の水門(水上ゲート)と複数のゲートが設置されています。
また、会場が非常に広いため、移動には無料の電気路線バスを利用することになりそうです。

浦西エリアと浦東エリアは、専用のトンネル(西蔵南路トンネル)で結ばれており、シャトルバスが頻繁に走ります。バスは浦西と浦東を結ぶ路線と、浦東だけ、浦西だけを走る路線に分かれているので注意してください。

また、フェリーを使って浦西と浦東を行き来することもできます。
フェリーはただ対岸に移動するだけでなく、ジグザグ状に運行されていますので、効率よく移動したい方におすすめです。

上海万博の歩き方

会場は、大きくAからEの5つのゾーンに分けられています。
その内、浦東側にはAからCの3つのゾーンがあり、万博のシンボル的な建築物が置かれます。

プレオープンで人気が集中したのはこの浦東側のゾーン。
Aゾーンは開催国である中国パビリオンを中心として、主にアジア諸国のパビリオンで形成されるエリア。日本のパビリオンもこちらに置かれています。
その西側のBエリアには、東南アジア諸国のパビリオンが並び、そのさらに西に位置するCエリアには欧米、アフリカ諸国のパビリオンと、10ヘクタールに上るアミューズメントエリアが並んでいます。

対岸、浦西側はDゾーンとEゾーン。
Dエリアは企業パビリオンゾーンと定められ、中国の大型企業や日本産業パビリオンといった国レベルの企業連合パビリオンが並びます。
その東側のEエリアは「ベストシティ実践エリア」。
ここには日本から大阪府・大阪市が出展しています。

1970年の大阪万博では「太陽の塔」、2005年愛・地球博には「大地の塔」というシンボルタワーがありましたが、上海万博でその役を担うのは「世博軸」。

「世博軸」は万博会場の中心に位置し、全長1キロ、幅130m、地上一階、地下二階の半オープン式の日よけ屋根を持った一大通路です。

万博会場は、縦横無尽に高架歩道が張り巡られていますが、その中心が世博軸。
地下は飲食店や小売店が集中するショッピングモールになっており、会期中、来場者はここを基点として移動することになりそうです。

その世博軸の東側、黄浦江に面するエリアには「世博演芸中心」があります。
ここでは各種イベントが催される予定で、万博会場を一層盛り上げでくれるでしょう。

西側のB区濱江緑地内、「世博中心(万博センター)」は会期中、各種式典が行われ、メディアセンターやシンポジウム会場としても使われる予定です。 

上海万博の見どころ

期間中、会場内は大変な混雑が見込まれ、中国館などの人気パビリオンは予約をしないと見ることができないと予想されています。

確実に見たいパビリオンがある場合は、入場してすぐに予約端末機に向かいましょう。
1枚の入場券で、5カ所のパビリオンまで予約できることになっていますので、最初に目的のパビリオンの予約を済ませ、それからゆっくり他のパビリオンやイベントを見て回ることをおすすめします。

プレオープンの際には、この予約端末機にも行列ができ、順番までかなり待たされたとか。
特に人気パビリオン付近では、予約端末機自体がとんでもない混雑ぶりで、ようやく端末にたどり着けた時には、既に全てのパビリオンの予約券がなくなっていたなどという情報も見かけました。

その中で比較的空いている予約端末機があるのは浦西エリア。
万博会場へは浦西エリアのゲートから入場し、そこで最初に予約をするのが賢明と思われます。

上海万博に日本から出展するのは日本館、日本産業館、大阪館。
また、美術家の藤井浩一朗さんが「浦江城市─上海生命的紐帯」(川沿いの都市 上海 生命のつながり)をテーマに製作した≪父子情≫という透明アクリルによる彫刻作品が中国館の脇に設置されています。

中国パビリオン

一番人気はダントツで開催国の中国パビリオン。
南浦大橋の上からも眺めることができる中国パビリオンは、万博会場の中心に位置しています。

鳥居をイメージさせるデザインは、中国発祥で日本の古民家や神社仏閣などでも見られる「斗拱(ときょう)」と呼ばれる形。色は「中国紅」で、古代から高貴な色として中国で珍重されてきたカラーです。内部では5000年ともいわれる中国の歴史と、その中で培われた文化を紹介し、世界中に中国の伝統を伝えます。

日本パビリオン

「紫蚕島(ズーツァンダオ)」と呼ばれる日本のパビリオンは、外国パビリオンの中でも最大規模のパビリオン。紫がかった銀白色で、名前の通り蚕の繭のような外観が特徴です。「心の和、技の和」をテーマに、内部は3つのゾーンにわかれ、ZONE1は「つながりの驚き」。

遣唐使の時代を舞台に、中国文化が日本へと伝わっていく様子を絵巻で描写しています。
ZONE2は「知のつながり」から「心のつながり」。

都市の中で人類が直面するさまざまな問題を取り上げ、それらの課題と向かい合う人たちの心のつながりを紹介します。ZONE3では人と人の「心のつながり」をテーマに、未来の都市での人の生活が描かれます。紫蚕島は、日本政府と民間22社・団体が約130億円をかけて出展。

プレオープン時には、開館予定の2時間前から行列ができる人気ぶりで、観客は、人型ロボットによるバイオリン演奏、笑顔を認識し自動で写す未来のカメラに歓声を上げていたそうです。

日本パビリオンとは別に22の企業と静岡県、横浜市が参加しているのが「日本産業パビリオン」。

大型コンテナを利用した 6つの小劇場が3分ごとに入れ替わり、環境にやさしい都市技術について18分間の映像を見る事ができます。また、キッコーマンが高級日本料理店を設営するなど、それぞれの企業による日本文化の展示販売なども行われる予定。

今回の万博の特色ともいえる「ベストシティ実践区」には大阪府・大阪市が出展します。
ここでは「”水の都”大阪」をテーマに、昔から河川を利用し、日本の経済を支えてきた大阪の歴史が絵巻物で紹介される予定です。

上海万博については、盗作疑惑や観客のマナーの悪さなど、マイナス面ばかり取り上げられがちですが、せっかくの国際博覧会。

異文化を体験する良い機会でもあると思いますので、機会があれば是非実際に足を運んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。