ワールドカップ グループ組み合わせと各国の世界ランクまとめ

<組み合わせ抽選>

本大会グループリーグの組み合わせ抽選は、2009年12月4日、南アフリカ・ケープタウンで行われました。

この抽選会の模様は全世界(200カ国)で生中継され、日本でもNHK、スカパーなどで放送。

抽選方法は、

1. 2009年10月時点のFIFAランキングに基づきイタリア、ブラジル、スペイン、オランダ、ドイツ、アルゼンチン、イングランドの8か国とホスト国の南アフリカをシード国として、それらを(ポット1)

2. アジア4か国、北中米カリブ海3か国、オセアニア1か国の計8か国を(ポット2)

3. シード国を除くアフリカ5か国、南米3か国の計8か国を(ポット3)

4 シード国を除くヨーロッパ8か国を(ポット4)に分けて抽選。

5 南アフリカは開幕戦を行なう関係上A組1番に配置。またシード国は自動的に、抽選で選ばれた組の1番に配置されます。

6 ポット2-4に選ばれた国は、各ポットからA→H組の順に1カ国ずつ選ばれ、選ばれた組の何番に配置されるか抽選。この番号により、試合日等が決定される。

国名 世界ランク 出場回数 最高成績
グループA 南アフリカ 86 3 1次リーグ
メキシコ 15 14 8強
ウルグアイ 19 11 優勝
フランス 7 13 優勝
グループB アルゼンチン 8 15 優勝
ナイジェリア 22 4 16強
韓国 52 8 4位
ギリシャ 12 2 1次リーグ
グループC イングランド 9 13 優勝
米国 14 9 3位
アルジェリア 28 3 1次リーグ
スロベニア 33 2 1次リーグ
グループD ドイツ 6 17 優勝
オーストラリア 21 3 16強
セルビア 20 セルビアとしては初出場
ガーナ 37 2 16強
グループE オランダ 3 9 準優勝
カメルーン 11 6 8強
デンマーク 26 4 8強
日本 43 4 16強
グループF イタリア 4 17 優勝
パラグアイ 30 8 16強
ニュージーランド 77 2 1次リーグ
スロバキア 34 初出場
グループG ブラジル 2 19 優勝
北朝鮮 84 2 8強
コートジボワール 16 2 1次リーグ
ポルトガル 5 5 3位
グループH スペイン 1 13 4位
スイス 18 9 8強
ホンジュラス 38 2 1次リーグ
チリ 17 8 3位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。