平城遷都1300年祭・東大寺展【9位】

角が生えたお坊さんのキャラクター。ご存知の方も多いでしょう。

賛否両論ありましたが、平城遷都1300年祭のイメージキャラクターのせんとくんです。

論争があった時から少したったので、もうお祭り終了してた?と錯覚されていませんか?

なんと立派な平城京って、語呂合わせで年号を覚えたりしましたよね。

そうです。平城京に遷都されたのが、710年。2010年で、ちょうど1300年たちます。
奈良では、2010年、一年中色々なイベントが開催されます。

ちなみに、キャラクター論争以外にも、平城京の読み方も、最近では別の説が出ています。
教科書には「へいじょうきょう」の他に「へいぜいきょう」と表記しているものもあるのだとか。

平城遷都1300年祭のメイン会場は、もちろん平城京跡地。
4月24日から11月7日まで、長期間で開催されます。

大極殿正殿と遣唐使船の復元、奈良時代の衣装や文化の再現などのほか、京都の四季と歴史を両方堪能できる、季節限定のイベントなども沢山予定されているそうです。

また、奈良県の寺院などでも、非公開品などの特別展示などを予定しているところも多いそうです。
初めて公開されるもの、1300年祭のために臨時公開されるものなど、普段全く見ることが出来ない仏像なども、一般公開されるのではないでしょうか。

また、奈良に行かずとも、東京でもイベントを開催します。

2010年秋に、東京国立博物館で、東大寺展が開かれる予定だとか。2009年には阿修羅展が開催され、90万人もの来場者があった国立博物館。仏像&歴史ブームの効果もあったそうです。

遷都1300年祭との相乗効果で、奈良に注目があつまる2010年。東大寺展は、もっと集まるかもしれませんね。

平城遷都1300年祭&東大寺展で、奈良への関心、観光客も増えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。